インビザライン

インビザライン

旭川駅前あしたばデンタルクリニック

CALENDER

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

CATEGORIES

archives

2018.08.05 Sunday

ニセコヒルクライム

0

    毎年8月頭に開催されるニセコヒルクライムに参加。愛和会の理事長、増木とスタッフ3名も一緒に走りました。

    今年は怪我などでほとんど連絡出来ず、個人的には完走しただけという感じでしたが、ホテル木に泊まり一階の杏ダイニングで前田シェフの作る食事をしてとてもリフレッシュできましたが疲れました。天候は曇りで少し肌寒いくらいでした。いつもはものすごい暑さですが準備不足の自分としては有難い気温でした。



    2018.07.15 Sunday

    最後のドーソンアカデミー

    0

      長かったドーソンアカデミージャパン

      今日が最後です。3月から毎月埼玉の浦和にある波多野先生のmaxisに通いました。体力的にきついものがありましたが大変勉強になりました。自分の臨床も変わると思います。とにかく治せるだけでなく長期もつ歯科治療というところに精進していきます。旭川とは違いとにかく暑いでした。祭りが目の前でおこなわれていました。

      最後は機能はもちろんしっかりしてなおかつ綺麗な治療について学びました。最新の情報も満載でドーソンアカデミー講師のDR Scott finlayは声をからしながら熱心に講義していただき感謝です。


      2018.07.08 Sunday

      maxis 旭川開催

      0

        当医院 理事長 増木によるmaxis旭川が開催されました。土曜日はライブオペ、日曜日はライブオペと豚顎骨による実習を行いました。

        道内から歯科医と衛生士が参加、特にインプラントのレベルアップをテーマに内容が組まれております。近年インプラントのニーズは膨らみ歯科医院でも避けて通れない時代です。基礎からしっかり学ぶ必要があると思います。

        私は豚の実習をさせていただきました。


        2018.06.24 Sunday

        噛み合わせの講習会に参加4

        0

          今月も恒例の埼玉のmaxisでのドーソンアカデミーが開催されました。体力的にはきついですが、内容が濃く楽しみでもあります。

           今月はグレン先生がアメリカから教えに来てもらい二日間で実習を交えて濃い時間をすごしました。いままで勉強してきた事に加えてさらに治療後に安定した状態が続く様に患者さんに還元していきます。ドーソン先生は本当に素晴らしい治療を以前からされていて、それが日本で学べるということで波多野先生にも感謝です。



          2018.06.17 Sunday

          恒例のサイクリング

          0


            土曜日は午後からの予定で秋田から土屋さん達は旭川空港からすでにスタートしていました。毎年恒例の薫風舎に車を置いて青の池までサイクリング🚴♂!

            夜は遅くまで語り明日に備えます。

            前日まて天候が悪く気温も低めでしたが、天候に恵まれ美瑛、富良野を走ります。


            増木理事長が以前ツールド北海道に選手、監督として参加した縁でこの企画が実現しました。私も毎年参加させて頂いてます。

            スタッフも恒例となってきています。

            札幌の和田サイクリングさんもサポートで参加して頂いてます。

            今度は8月のニセコヒルクライムに向けてトレーニングしたいですが、その前に士別マラソンに向けて準備したいですがなかなか時間がとれない今日この頃です。また来年も走りたいですね。

            土屋朋子さんについては以下の通り

            自転車ジャーナリスト・地域開発プロデューサー。1938年生まれ、鳥取県出身。東京女子大学卒。大手広告代理店のクリエイティブディレクターを経て、1986年に独立し、「スポーク」を設立。「ツール・ド・フランス」との出逢いをきっかけに、世界各国の自転車スポーツやレースを巡りながら、国内で「ツール・ド・北海道」「3day Race熊野」などの立ち上げに参画。自転車レース作りや選手育成をはじめ、自転車の走行空間や環境問題に関わる仕事にも携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)  
            Gift with BIKE 自転車が私にくれた贈りもの』より


            << | 2/4PAGES | >>